青少年教育施設ってどういう施設?6種類あるんです。(中編)

社会教育施設の中でも、とりわけ理解されづらい(と個人的に思っている)施設。それが「青少年教育施設」

前回の記事にも書きましたが、6種類あるのでした。

今回は中編。
2つ(④と⑤)の施設の説明です。

 

④児童文化センター

児童文化センター

 

少年に対し科学知識の普及、実験実習の場の提供、情操のかん養、生活指導等を行い、健全な自発的行動の促進を図るための施設をいう。

都市型の青少年教育施設という点では、「③青年の家(非宿泊型)」と施設の機能は似ていますが、対象を一応「少年(児童)」と定めていることと、科学や文化芸術の振興というテーマを帯びている点が大きく異なります。

また、児童文化センターにはプラネタリウムが併設されている場合があります。
これも「③青年の家(非宿泊型)」とは異なる点でしょう。

施設数ですが、平成27年度の社会教育調査によれば、「児童文化センター」は青少年教育施設の中で最も少なく41しかありません。

ほとんどは市立で、一部は県立・町立・村立の施設になります(国立は存在しません)。
一例を示します。

 

参考

米子市児童文化センター|鳥取県

参考

前橋市児童文化センター|群馬県

参考

池田市立五月山児童文化センター|大阪府

参考

きよたけ児童文化センター|宮崎県

 

ちなみに、児童文化センターは、その名称から児童館(児童会館)とよく混同されます。
しかし、法令的な観点からいえば、これらは互いに〈目的が異なる〉施設です。

ただし児童館は、結果的に青少年教育施設と「関わりが深い」施設になってくる関係上、その異同を知っておくことも無駄ではないかもしれません。

これは別記事で説明します。

 

⑤野外教育施設

野外教育施設

 

「少年自然の家」や「青年の家」に類似した目的や趣旨を有するが、宿泊のための建物を持たない野外体験活動のための施設・設備が中心となるような施設であって、「少年自然の家」「青年の家」「児童文化センター」に該当しないもの。

例:野外活動センター、野外教育センター、野外センター、海洋センターなど。

〈野外教育〉を実施している施設です。
しかし、実は〈野外教育〉という概念自体、入り組んだ歴史をもつ専門用語(行政用語)であるためか、定義が超分かりづらいことになっちゃっています。

なので、この際、文章は思い切って無視しちゃいましょう。

定義文よりも、社会教育調査をしている文科省の部署(=総合教育政策局政策調査課(旧「生涯学習政策局青少年教育課」)が「〈野外教育〉をしているとみなしている施設」がこれに該当する、という理解で構わないと思います。

施設数ですが、平成27年度の社会教育調査によれば「野外教育施設」は61。
これは6種類ある青少年教育施設の中で5番目(下から2番目)の施設数になります。

ほとんどは市立で、一部は県立・町立・村立の施設になります(国立は存在しません)。
一例を示します。

この類の施設は3パターンあります。

 

名称が「野外+センター」パターン

参考

豊川市野外センター(きららの里)|愛知県

参考

総合野外センター(少年自然の家/青少年キャンプ場)|愛知県

 

名称が「野外+活動 or 教育(学習)+センター」パターン

参考

松山市野外活動センター(レインボーハイランド)|愛媛県

参考

東京YMCA野外教育センター|東京都

参考

名古屋市野外学習センター|愛知県

 

名称が「海洋+センター」パターン

参考

B&G海洋センターとは

※ほとんどの海洋センターは「B&G(Blue Sea and Green Land)財団」というところが管理しています。

 

(続きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です